岡山的!!アーバン・アウトドアライフ

岡山市中心部で暮らすオジさんトレイルランナーのブログ

URBAN OUTDOOR LIFE

in OKAYAMA

準備完了!UTMF2019 ファンランナーの全装備。

準備完了!UTMF2019 ファンランナーの全装備。

 

目標タイムは44時間10分。

GHOST TIMETABLEでは37時間51分と出てくるが、そんな調子よく行くはずがない。。。

 

ここ2週間の天気は極端に寒かったり、日中は極端に気温が上がったり、

当日もどうなるかよくわからない。。

やはり寒さと暑さの両方の対策が必要だ!

とくに寒さと補給の対策はいつもの課題である。。。

 

UTMF2019のレギュレーションは以下の通り。

4度目の100マイル挑戦ともなればいつもの感じってところだ。

必携品(装備として必ず携行するもの)
  1. 詳細コースマップ。大会公式サイトに掲載されている詳細図を紙にプリントしてください。(*1)
  2. エントリーの際に番号を届け出た携帯電話。救護本部の電話番号(ナンバーカードに明記してあります)を登録し、番号非通知にせず十分に充電し、主催者からのSMSによる緊急連絡を受けられる状態にしておいてください。
  3. 携帯コップ(150cc以上)。エイドステーションに紙コップの用意はありません。
  4. 水。スタートおよび各エイドステーション、ウォーターステーションを出発するときには1ℓ以上持っていなければいけません。
  5. 食料。
  6. ライト2個、それぞれの予備電池。低温では電池の寿命が短くなります。
  7. 点滅ライト。夜間の一般公道で後方からの走行車輌に認識されやすいよう、ザックなどにつけてください。
  8. サバイバルブランケット(130cm以上×200cm以上)。
  9. ホイッスル。
  10. テーピング用テープ(80cm以上×3cm以上)。(*2)
  11. 携帯トイレ。(*3)
  12. 雨天に備えてフードつきレインジャケットとレインパンツ。どちらも〈ゴアテックス〉あるいはそれと同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。
  13. 保温のためのフリースなどの長袖シャツ。綿素材は認められません。(*4)
  14. 保温のための足首までを覆うズボンあるいはタイツ。または膝までを覆うタイツと膝までを覆うハイソックスの組み合わせ。いずれも綿素材は認められません。(*5)
  15. 保温のための手袋、耳までを隠す帽子。(*6)
  16. ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)。
  17. 保険証(コピーは不可です)。
  18. 配布されるナンバーカード、ICタグ
  19. 以上の必携品と下記にて紹介する「特に勧める携帯品」を収納できるザックまたはバック。

 

しかし心配性の私は、レギュレーション以上に持っていく(^^;;

↓ ↓ ↓ ↓

f:id:racinvan-tebi:20190422092057j:image

1.携帯コップ「UltrAspire / レースカップ

2.水1リットル以上「SOURCE / ハイドレーション、Hydrapak / ソフトフラスク」

3.食料「エネモチ、Magon、パワージェル、ミックスナッツ、ドライカレー」

4.ライト2個「LEDLENSER / MH10 , NEO10R」

5.コースマップ

6.点滅ライト「MAMMUT」

7.携帯電話

8.テーピング、携帯トイレ、ホイッスル、ファーストエイドキット

9.レインジャケット「TNF / HYPERAIR GTX HOODIE」

10.レインパンツ「TNF / STRIKE TRAIL PANTS」

11.インサレーション1「TNF / WHITE RUNNING JACKET」

12.ロングパンツ「TRIMTEX / Trainer TX Pants」

13.ニットキャップ「TNF / ビーニー」

14.グローブ「TNF / グローブ」

15.キャップ「羅針盤オリジナル」

16.サバイバルブランケット

17.ザック「PaaGo Works / RUSH UT 」

18.アームカバー、ゲイター「羅針盤オリジナル、C3fit」

19.ゼッケンベルト

20.ウィンドシェル「TNF / GEMINI HOODIE」

21.インサレーション2「TNF / WHITE RUNNING VEST」

22.Tシャツ「TNF / SUMMER RUNNING T」

23.ショーツ「Teton Bros / ELV1000 5in Hybrid Short」

24.シューズ「LA SPORTIVA / AKASHA」

あと大事な撮影道具は「TNF / マンタレイ」で持参する。

以上。

今回はウィンドシェルとインサレーションをもう一枚余分に入れた!

(当日の気温で減らすかどうかを判断しようと思う)

 

4年前のSTYでは一度も顔を出さなかった富士山。

f:id:racinvan-tebi:20190422102643j:image

今回は2日間しっかり拝ませていただきますよ!!

 

 

仕事の激務と練習の疲れで体調を崩してしまいなかなかブログも書けずイライラしたが、、、

 

いよいよあと4日!!

 

楽しみに当日を待つだけだ!!

さぁ、

もりもり喰って憧れのレースに突撃じゃぁ!(^^) 

待ってろ、富士山!! 

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

100マイル、ファンランナー宣言!

100マイル、ファンランナー宣言!

 

走り始めて5年。

月間300kmを走ったり、憧れていた100マイルレースにも出れるようになった。

(まだ完走はできていないが、、、^_^;; )

 

走っている時は楽しいし、走り終わった後の達成感はとても心地よい。

f:id:racinvan-tebi:20190407194939j:image

これに取り憑かれる人が多いのはよく分かる。

現にランニング人口が年々増加しているのも事実。

では、

なんのために走るのか、、、?

(これ、本当によく聞かれる質問。。。)

 

健康のため?

ダイエットのため?

 

何十kmもの道のりを

ジェルを飲みながら体力の極限まで、

時には痛みや眠気をこらえながら走り続けることが健康的だとは到底思えないわけで、、、

 

では、、、

なぜ走る?

 

なんかカッコいい言葉でサラッと答えられればいいのだが、、、

 

事あるごとにこの問いにぶつかっては「ん〜」と悩んだ挙句に、、、

 

、、、「楽しいから^^;;」

 

とありきたりの返答をしてしまう。。。

そんなとき決まって質問者は、

「この人、自分とは違う価値観なんだろうな〜。」

といった表情で苦笑いをする。こちらも然り。。。^^;;

 

なかなか相応しい言葉が見つからない。。。

 

たぶん私は、、、

走ることがあまり好きではないのだろう。。。

 

出来れば楽をしたいし、

レースにエントリーしていなければ、ストイックに追い込んだりはしない。。。

 

では、

なぜトレイルランニングをするんだろう。。。?

それならすぐに答えられる。(^^)

f:id:racinvan-tebi:20190407174119j:image

山の向こうに何があるのか。。。どうなっているのか。。。遠くに見える景色。。。その向こうにある景色。。。さらにその向こうは。。。道中何が起こるのか。。。自力でどこまで行けるのか。。。山の匂いや音。。。挑戦。。。

そんなワクワク感がたまらない!

歩いてもいいし、時間が許されるのであれば速く走る必要もない。

気持ちよく走るだけ!

速く走るのが気持ちいいときはそうするし、景色を眺めたいなら立ち止まる。

苦しいことと楽しいことは交互にやってくる。

そんな苦楽の反復の中で、もう一人の自分と対話することもできる。

「山に入れば弱気は慎め!」

楽しむために「辛い練習」もしてきたはずだ!と、

レースではポジティブを勝たせた人が勝利を手にするのだ。

体調や天候などで思い通りにいかないことだらけだが、

予測を立てながら修正しながら冒険のイメージを膨らませる。

一言では言えないが、、、

 

トレイルランは楽しい!!

 

あのとき憧れたUTMF100マイル。

しっかりプランを考えた。

思ったよりもいろんなことが起こるんだろうな。。。

46時間全部使うつもりで、

目一杯楽しんでやろうじゃないか!(^0^) /

f:id:racinvan-tebi:20190407171302p:plain
f:id:racinvan-tebi:20190407171256p:image

かけがえのない46時間を共にする皆さま、

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

UTMF用に購入したアイテムその3 【TNF / HYPERAIR GTX HOODIE 】

UTMF用に購入したアイテムその3 【TNF / HYPERAIR GTX HOODIE 】

 

レインウェア。。。

 

 

レースによって走る用のレインウェア歩く用のレインウェアを使い分けています。

 

ミドルレースや24時間以内にゴールできそうなレースは走る用のレインウェアを持っていき、100km以上のロングレースに出る時は歩く用のレインウェアを持っていきます。

 

さて、その違いは何かというと、、、

 

 

ズバリ、、、

 

 

ゴアテックス

ゴアテックス以外かだ!

(なんだか巷で流行りの名言風ですが、、、(^^;;  )

 

 

走る用のレインウェアは荷物をコンパクトにしたいがため、軽量・コンパクト重視!

歩く用のレインウェアは少々かさばっても安心のスペック重視!

 

最近は、

ゴアテックス生地を使わない優秀な防水素材のレインウェアがいろいろある!

ゴアよりもスペックは劣るが、

生地に伸縮性があり軽量・コンパクトになるものがたくさん出てきたのでありがたい。

 

 

そもそも

レインウェアで大事なのは、防水性(耐水圧)透湿性だ!

防水性(耐水圧)の目安は、

10,000mm以上あれば大雨でも十分な数値で、一般的な傘で300mmだそうな。。。

透湿性の目安は、

蒸れにくさは8,000g/m2/24h以上〜、ベトつきにくさは20,000以上〜

と言われています。

ゴアテックスは耐水性25,000mm以上、透湿性15000以上というから信頼度は高い!

逆に弱点は、

生地に伸縮性がなくごわごわしてコンパクトになりにくいことと、

お値段が高いこと(^^;;。。。(最近では少しずつ改良が進んでいるが、、、)

 

 

 

そんなゴアテックスだが、昨シーズンから目をつけていたものがある。

なんと、

柔らかく軽量・コンパクトになり、スペックも高い新素材!!

GORE-TEX SHAKEDRY

 

それがこちら

↓ ↓ ↓

f:id:racinvan-tebi:20190405114006j:image

TNF / HYPERAIR GTX HOODIE ハイパーエア GTX フーディ

トップアスリートと共にゴールドウインテック・ラボで研究を行い、独自技術でした、トレイルランニング専用の防水シェルです。素材は、防水膜のメンブレンがむき出しになった、SHAKEDRY™プロダクトテクノロジーを採用したGORE-TEX PRODUCT。表生地を無くし、メンブレンとライニングのみの2層で仕上げることで、表生地が濡れることによる「重量増加と透湿力の低下を軽減する」という新しい考えの構造です。トレイルランニングパックの上から羽織ることができる特殊パターンを採用。ベンチレーションを兼用した内部へのアクセスファスナーのみを配備した、走るための機能を追求。フードには、軽量で繊細な形状記憶機能に優れるワイヤーをツバに封入し、雨天時のフード形状をしっかりと維持します。手の甲まで覆うハンドカバー仕様。アスリートキットシリーズのユニセックスモデルです。

GORE-TEX SHAKEDRYを採用した2層構造のレインウェアである。

GORE-TEX SHAKEDRYは、耐水圧50,000mm以上、透湿性98,000g/m2・24hrs(JIS L-1099B-1法)(参考値)と驚くべき数値だ。。。)

本当に驚くべき数値!!!

表生地がなくメンブレンむき出しの構造となっているので、

仲間うちでは、

「枝に引っ掛けたら一発で破れるなぁ。。」

と、昨シーズンは耐久性が心配で手を出すことができなかった。。。

が、

破れたとの噂もなく、

今期のマイナーチェンジモデルはスレの対策もなされているらしいので購入を決意!

(10リットルザックを上から背負ってもスレの問題はないということだ。)

f:id:racinvan-tebi:20190405142131j:image

最近はザックの上から覆うスタイルを追求しているので、ちょうど良いタイミングの購入となった!

いつもロングレースで使っているRUSH UT(10リットルザック)をお店に持っていき、実際に背負いながら試着をして購入。

私の身長は163cm、体重57kgでMサイズがちょうどよかった!

f:id:racinvan-tebi:20190405142244j:image

背面に大きくマチを設けているからザックもスッポリ包み込んでくれて、

シルエットも美しい!

胸ボトルの水を飲むときは、

f:id:racinvan-tebi:20190405142330j:image

鎖骨あたりから大きく伸びたファスナーを開けると、

 

f:id:racinvan-tebi:20190405142236j:image

簡単にボトルにアクセスすることができる!


f:id:racinvan-tebi:20190405142240j:image

 

まるでキャップを被っているかのようなシルエットになるフードにもひと工夫あり。
f:id:racinvan-tebi:20190405142232j:image

ツバの部分に形状記憶のワイヤーが入っているらしく、

f:id:racinvan-tebi:20190405142326j:image

カタチが崩れない!

これなら前方からの雨も避けてくれ、前が見えやすそうだ!

 

フードの調整は後頭部のハチ上にドローコードがあり、
f:id:racinvan-tebi:20190405142322j:image
簡単にサイズ調整もできる!

 

これなら

走る用のレイン歩く用のレインを使い分ける必要がなさそうだ!

因みにザックを背負ってない時の見え方は、

f:id:racinvan-tebi:20190406101411j:image
f:id:racinvan-tebi:20190406101415j:image

f:id:racinvan-tebi:20190406101407j:image

ルーズフィットな感じにはなるが、 ダボダボ感はない。

 

少々コストはかかるが、

雨の時のストレスを軽減してくれる要素がたくさん詰まっているレインウェア!

 

これは今年の買ってよかったものランキングにも入るであろう

逸品である!!

 

これでUTMFの装備は完璧である!

あとは、、、走力だけだな。。。(^^;;

 

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

UTMF用に購入したアイテムその2【 LEDLENSER / NEO10R】

UTMF用に購入したアイテムその2【 LEDLENSER / NEO10R】

 

 LEDLENSER / NEO10R

「明るい・軽い・長持ち」の3点をバランスよく兼ね備えたNEO10R。旧モデルのMH10をさらに改良し、縦に配置されたバッテリーボックスとダブルバンドで、フィット感が格段に向上しました。付属の延長ケーブルでバッテリーボックスをザックに収納すれば、ライトを着けていることを忘れるほどの軽量化も可能。また、チェストベルトで、ライトを胸部に装着することもできます。最高クラスの性能と充実の付属品で、トレイルランニングなどの用途に特におすすめです。

 

f:id:racinvan-tebi:20190402122145j:image

前モデルのMH10をずっと使ってきたが、

最新モデルが出たとのことで即買い!

普段の練習はナイトラン(トレイル)が9割以上の私にはヘッドライトは欠かせないアイテムである。

今までBLAK DIAMOND / アイコン、GENTOS、SILVA / Trail Runner2、ULTRASPIRE / LUMEN600、、PETZL / NAO、LEDLENSER / MH10と使ってきて、

今回のLEDLENSER / NEO10R。

最近のヘッデン事情はどれも非常にレベルが上がってきた!

特にこのNEO10Rは、

600ルーメン照射距離150m点灯時間10時間(光量MAXで考える)

この3点を見れば申し分のないスペックである!

しかも¥10,000(+tax)!!

価格的にも購入しやすいのでおすすめである。(^^)

欲を言うなら、

夜間トレイルにありがちな濃霧の走行時に便利なフィルターセットも買った方がいい!

濃霧で使えるのは黄色のみだが、ご丁寧に4色セットになっている。(^^;;

Color Filter Set 36mm / ¥2,000(+tax)

フィルターはグイッとはめ込むだけの単純な作りだが、簡単には外れないので安心である。

いつも走る龍ノ口やハセツネの夜間コースなど、濃霧で2m先がホワイトアウトしてしまうことがあるので、そうなる状況では怖くてなかなか走れない。

f:id:racinvan-tebi:20190402122240j:image

そこでこの黄色フィルターを被せると視界が広がるのだ。

びっくりするほどは広がらないが、感覚的には1.5倍ぐらい広がる。

2mの視野が3mになるだけでも夜間走行時は全然安心感が変わるから!!

 

LEDライトの質は前モデルとほぼ変わらない。

一番の変更点はバッテリーボックスが縦型になったこと。

f:id:racinvan-tebi:20190402122549j:image

正直これはどっちでもいい!

安定感はさほど変わらない気がする。

逆に、キャップ派の人は夜間は逆さにかぶると思うので、

後頭部のバッテリーパックがツバに当たって邪魔に感じるかも。。。

 

付属の延長コード(約1m)を使ってザック内にバッテリーパックを取り外しておけるのは便利かもしれない。バッテリーボックスを外すと相当軽く感じます!!

あと気になるのは、

ゴムベルト部分!

長さ調整はしやすいがゆるみやすいのがたまにキズ。

これは前モデル(MH10)にも言えることだが、

汗をかいてゴムが濡れるとダルダルになってゆるみやすくなる。。。

その都度調整が必要になる。

締めすぎると頭が痛くなるし、緩すぎると下りの振動でずれてくるし。。。

上手く調整してくださいm(_ _)m

充電池は汎用性のあるリチウム電池18650 3200mAh 3.7Vなので、これはありがたい!

 

まぁ、一万円でこのスペックなら買って大満足することでしょう!

優秀なヘッドライトだと思います!!

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

UTMF用に購入したアイテムその1【TNF / GEMINI HOODIE】

UTMF用に購入したアイテムその1【TNF / GEMINI HOODIE】

 

自慢じゃないけど、

UTMB2回、彩の国100M1回、すべてDNF。。。

私は100マイルレースを未だ完走したことがない。。。

 

そんなブログを読んでいただき皆様には感謝しております!(^^;;

失敗例が少しでも参考になることをお祈りいたしますm(_ _)m

 

今回4度目の100マイルに挑戦になるのですが、、、

果たして完走をすることができるのでしょうか。。。

そこで、

今までの経験を生かしつつ対策を考えてみた。

一番の問題のチカラ不足はここではさておきまして、、、

私の弱点はこの2点。

・寒さに弱い

・胃腸がやられる

分かってはいるものの長い長いレースの中では、なかなか克服できないものです。。。

 

昨年のUTMFは暑かったようですが、今年はどうだろうか。。。

過去3年間の4月26日(スタート日)の河口湖付近の平均気温は20.7℃ 7.3℃こどもの国付近の平均気温は21.6℃ 14.3℃となっている。

最高標高との差は700m。とすれば気温差は4.2℃となる。

平均値から推測すると22℃3℃の間で行動する計算になる。

寒さに弱い私は、3℃の時の対策に重きをおくことにする。

仮に動き続けたとしてもTシャツだけではちと寒い気温だ!

それを踏まえて、、、、

 

今回とくに意識しているのが、

快適な体温調整をすること!!

メンドくさがり屋の私は、

少々暑くてもそのままのウェアリングでやり過ごす傾向がある。

基本厚着なのだ。。。(^^;;

寒いのは無理だが、暑いのは我慢できる。。。

しかし、

暑いのを我慢していると当然汗をかき、

ウェアを濡らしてしまう。

そして、夜を迎えると気温が下がり、カラダが冷えていく。。。

カラダが冷えて行くと気持ちも冷え込んでしまい戦闘意欲を失ってしまう。。。

こういう悪い流れにならないように、今回は気をつけたいと思う。。

そこで今回投入するアイテムは

ウィンドシェルだ!!

暑いも寒いもすべてはによるところが大きい!!

 

走らない人からしてみると、

一番無意味だと思うアイテムのひとつであろうウィンドシェル!

ペラッペラの生地で防寒にもレインにもならなそうな中途半端なアイテム。。。

以前は私もそう思う一人でした。。。(^^;;

しかし、今は長く行動する上で大事なアイテムだと思っている。

 

TNF / GEMINI HOODIE ジェミニ フーディ

風を避けながら防寒しつつ、

f:id:racinvan-tebi:20190330101659j:image

暑くなれば熱を逃がしてくれるアイテム。

スタート前とかエイド休憩時など、

Tシャツだけだと寒いときにはコレだ!!

ULTRA VENTING SYSTEM=運動によって起こる体温の上昇を独自のベンチレーションシステムにより防ぎます。

f:id:racinvan-tebi:20190330103433j:image

広大なポケットの内側にはベンチレーションの穴がたくさん仕掛けられており、

f:id:racinvan-tebi:20190330104859j:image

ポケットを全開にすればかなり換気性が良く熱がこもらない!

 

脇腹から取り込まれた空気がこもった熱と一緒に上昇し、

f:id:racinvan-tebi:20190330104912j:image

首裏のベンチレーションから抜けていくシステムのようだ!

 

メンドくさがり屋の私には、この換気システムは非常にありがたい!

 

そして、

換気が追いつかなくなれば、素早く脱いで対応する。

ザックを下ろさず着脱できるようにXLサイズを購入した。

f:id:racinvan-tebi:20190330105048j:image

生まれて初めて購入したXLというサイズ感がなんか笑えるww(^^)

f:id:racinvan-tebi:20190330105339j:image

トレラン用のウィンドシェルは細身の設計になっているのでザックの上から羽織るのは難しいものが多いが、このジェミニはRUN用ではないのでゆとりがある!

おまけにウエストが細くなっているのでXLでもシルエットは悪くない(^^)

 

じつに最近のトレラン用ウェアは細身シルエットが多いようだ!

もちろん走りを邪魔しないためだろうけど、、、

(私はずっと走ってるわけじゃない。。。(^^;; )

 

見た目や使い方によっては、

あえて山岳用のものをチョイスして自分スタイルを見つけるのも楽しいぞ!

 

スワローテイル ベント フーディでもなくクランバー トレイル フーディでもなく

ジェミニにしたのは、、、

このペルシャン オレンジがめっちゃそそる色だったから!!

 

結局のところ、最終的にはそこなのです。。。(^^;;

 

UTMF完走できますように。。。

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

ALTRA / LONE PEAK 4.0 M

ALTRA / LONE PEAK 4.0 M

 

久しぶりにキターーー ALTRA だ!

f:id:racinvan-tebi:20190323041628j:image

以前にも書いたのだが、

ALTRAのメンズサイズは基本26cmから0.5cm刻みの展開となっている。

契約選手の関係で、特別にメンズサイズ25cmだけは作っているのだ。

いつも25cmか25.5cmを履く私にとっては、気に入ったモデルが出ても毎回ALTRAを履けるとは限らないのだ。

なぜなら ALTRA には 25.5cmがないから。。。

だから25cmで合うかどうかが勝負(^^)

 

同じラスト*1であっても、アッパーの素材が変わったりステッチが変わったりするだけでフィット感が変わり、小さく感じたり大きく感じたりする。。。

これだからシューズ選びは難しく、楽しいのである!(^^)

今回のローンピーク4.0は、同じ25cmでもやや大きめの作りになっている。

ちなみにローンピーク3.5は小さくて買うのを諦めた。。

若干大きいのでこのシューズ用にソックスはinjinjiのトレイル用のMID Weight(厚みのあるタイプ)に変えようと思う。(普段はinjinji/RUNのMID Weight)

 

<出会いが大事>

大してシューズを探していないときに、それは訪れる。

今回もそうだった!

「どうせALTRAは私には合わないだろう、、、」

と思いながら茶化しで足を入れてみると、、、

「んん!? なんかすごくいい感じ!!」

慌てて両足しっかりとヒモを結んでみる。。。

今までにない、ALTRAらしからぬしっかりした安定感!!(^^)

以前のアルトラを知ってる方は思うだろう、

「靴らしくなったなぁ」と。。(^^;;

 

店内をぐるぐる、ぐるぐる、、、試し履き。

 

「あ、すいませーん、これくださーい!!」

 

あっさり買っちゃった!!(^^;;

このフィーリングが大事!!

衝動買いじゃないよ〜(^^;;

あまり好きな配色ではないが、グレー × オレンジを手に入れた!

ローンピークは実に2.5から3モデルチェンジ目の使用となるので非常に楽しみだ!

 

<使用感>

先日のナイトランでのデビュー。

今までのローンピークよりもラグが深い感じ。

f:id:racinvan-tebi:20190323042525j:image

アウトソールは岩場で粘るというよりも、登りの土にしっかり噛んでいるという感じ。

 

クッション性は以前とあまり変わらない。。。

f:id:racinvan-tebi:20190323042548j:image

普段LA SPORTIVA/ AKASHA を履いているのでクッション性はAKASHAの勝利!

 

アッパーの補強で横ズレが以前よりマシになっているが、基本トゥボックスが広めの設計なのでこのようにアソビは出てしまう。

f:id:racinvan-tebi:20190323042645j:image

しかし、こうなることで捻挫はしにくいと思う。

(これは、2.5からの比較なので悪しからず。)

 

この翌日は雨のテストもできた!

アウトソールは、MaxTrac  TrailClawというラバー。

ビブラムより少し硬めな感じでロード区間は走りやすいが、

岩場はやはりスベる。。。(^^;

雨のせいかもしれないが、

ラグの高さで地面には噛みやすいが、大きな岩や小さな岩までスベる。。。

テクニカルな岩場の少ないレースやロングでスピードを追求しないシューズとしての位置づけになるだろう。。。

 

最近は LA SPORTIVA / AKASHA 一択だったが、

ここにきてLONE PEAK 4.0が加わって心強い!

UTMFはこの2足で勝負しようと思う。

 

さて先発はどちらにしようかな。。。

 

 感触がいいので、追加ストックを買っておいた。。。(^^)

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

*1:靴の木型

いま、OKAYAMA が 熱いっ!!

いま、OKAYAMA が 熱いっ!!

 

2019.3.21

岡山県トレイルランニング協会(OTRA)が設立されました!

f:id:racinvan-tebi:20190323134253j:image

岡山県には現在7つものトレラン大会が存在します。

我々のアーバントレイル龍ノ口のような小規模のものから、

ITRAのポイントがつくような大規模のものまであります。

ということは、

どんどんトレイルランナーが増えていくことになり、

様々なトラブルが発生してもおかしくない状況になるということ。。。

安全で楽しい環境を維持するためにもこういう組織の設立は必要なことだと思います。

 

トレイルランナーのルールやマナーの啓蒙活動や環境保全活動などに協会が一丸となり取り組んでいく姿勢です。

 

岡山県のトレラン事情が盛り上がってきました!(^^)

 

Team EAST WINDのキャプテン・アドベンチャーレーサーの田中正人さんの記念講演は、トレイルランナーとして、、、

 

いや、人として、、、

 

とても心を打たれる内容でした!

f:id:racinvan-tebi:20190323133950j:image

これからの人生に活かせればと思います!

 

f:id:racinvan-tebi:20190323134027j:image

「自己責任感と謙虚さ・素直さ」

鬼軍曹と呼ばれながら、とても優しく心の広いお方でした!

こんな大きな人になりたいものです^_^;

 

 OKAYAMA熱いです!!

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、ポチッと下のバナーのクリックをお願いいたします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ

これからもよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村