岡山的!!アーバン・アウトドアライフ

岡山市中心部で暮らすオジさんトレイルランナーのブログ

URBAN OUTDOOR LIFE

in OKAYAMA

飯能・越生トレイルラン

 

飯能・越生トレイルラン

 

初のポイントレース。

トレイルランのレースによっては、

エントリーするのに完走ポイントを取らなければならないレースがある。

私の目指すUTMFも最大3レースで6ポイントが必要になる。

 山は過酷なため、誰でもどうぞというわけにはいかないのだ。。

ビギナーショートレースから徐々にレベルを上げて行くしかないのです!

素人さんお断り的なやつだ。。(^^;)

 

今回のレースは、1ポイントが付くレースである。

 

埼玉県、飯能・越生トレイル!!

f:id:racinvan-tebi:20160713113932j:plain

距離40km、累積標高差2,541m。

2戦目にして、かなりキツいレースに参加してしまった。

累積標高をみる限り、登りのキツさは何となく分かっていたが、想像以上にキツくて相当心が折れた。

f:id:racinvan-tebi:20160711071304j:image

さすがポイントレース、簡単にクリアはさせてもらえない。。。

気持ちで負けないように、

歩いたり、走ったりしながら、なるべく楽しいことを考えた。

 関門時間の知識がなく、途中のエイドで自分が関門時間ギリギリランナーだと知らされる。

 

「えっ!?そんなに厳しい??」

 

焦る。。。

今の私の走力では、次の関門には間に合わないかもしれない。。。

早くこの登りが終わってくれれば、、、と半分祈る思いで足を動かし続けた。

f:id:racinvan-tebi:20160713113958j:plain

自分の持っている体力という貯金が底をついてきたのが分かる。。

人間は弱いもので、ダメかもしれないと思うと急に足が動かなくなる。。。

 

やっとの思いで次の関門を15分前に通過できたが、残す関門はあと1つ。。

エイドで補給を済ませ、急いでコースに突入!!

ずっと時間に追われ、ペースも補給も気持ちさえも乱されたままがむしゃらに登っていく。。幸い気持ちは切れていないようだ。。

あと少しあと少しと言い聞かせながら、、、、ひたすら上を見た!!

そんな自分の声がだんだん遠くなりはじめた次の瞬間、体の力が抜けて小さな木の根につまずき倒れ込んでしまった。。

 

ケガはないが、力が入らない。。

冷や汗がどっと出て、天を仰ぐと空がぐるぐると回っている。。

や、やばいなこれは。。。

 

ハンガーノック*1だ!!

 

急いで、ジェルを補給したが体は動かない。。

 

終わった、、、

 

関門時間は待ってくれない。

私は無意識に目を閉じていた。。。

 

抜かして行くランナー達が声をかけてくれているのは何となく聞こえるが、応えるだけの元気はない。。

 

終わった、、、

 

応援してくれてる羅針盤の仲間の顔も浮かんできて、

どうにもならない今の状況を考えると

とても悲しくなった。。。

 

みんなが応援してくれているのに、、、このままリタイアか、、、、

 

5分ほど眠っただろうか。

 

ジェルが効いてきたのか、私の中の不死鳥が目を覚ました!!

時間に間に合わなくてもいいから次の関門を目指せと!!

 

あれ!?

なんだか体が軽い!!ダメモトで走ってみる。

雨でぬかるんだ下りのトレイルを転びながら走った。

もっと速く走れる!

もっと速く走れる!

体重を下りの斜面に預けるようにしてバランスだけを取るように走った!!

速い!!怖くない!面白い!楽しい!!

これがトレイルランだ!!

 

f:id:racinvan-tebi:20160713114022j:plain

 最終関門の手前1kmまで来た。

周りを走るギリギリランナーの気迫もすごい!!

 持てる力をすべて出してる感じ。

私も負けずに追いかける!!

歩いたら本当に終わってしまう、、、何が起こるか分からない自然の中で、これだけは間違いない事実

 

応援の声がかすかに聞こえてきた。

「あと少しー、がんばれー!」

関門は近い。

「がんばれー、あと少しー!」

何度聞いてもなかなか辿りつかない。

残り3分

応援の声がはっきり聞こえるところまで来た。

残り2分

まだか!?まだ見えない。

残り1分

もうだめかもしれない。。

ギリギリランナーの何人かは諦めて歩きだした。。。

残り30秒のカウントが聞こえ、

トレイルの出口に三塁コーチのように手をグルグルまわす人の影が見えた!

もうどうなってもいい。猛ダッシュだ!!

コーナーを曲がると100mほど先に関門がやっと見えた。

安堵する間もなく、

カウントダウンは、20と言う。

頼むから間に合ってくれ!頼む!!

千切れそうな足を励ましながら、

残り3秒で飛び込んだ!!

 

間に合った。。奇跡だ。。

本当に苦しかったが、これで終わりではない。。

 

 この勢いのままほとんど休憩をとらず、最後の登りゾーンに足を踏み入れた!!

これを越えたらあとは下るだけ。

 

蘇った不死鳥は強い!!

 

下りのトレイルをゴールまで止まらずに駆け抜けた!!

 

f:id:racinvan-tebi:20160713114045j:plain

9時間43分15秒。

完走率40%程度の難コースを完走することができた!!

あのとき諦めていたら考えると、、、感慨深い。。

 

次へつながる1ポイントGETできたことは本当に嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 最後によろしければポチっとお願いします!

↓ ↓ 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

*1:激しく長時間に渡るスポーツをした時に、極度の低血糖状態になることをさす。簡単に言うとガス欠であり、肉体がエネルギーを失った状態を意味し、自らの意志とは関係なく、体は動きを停止する。意識がはっきりしている場合でも、思考は通常より鈍る。