岡山的!!アーバン・アウトドアライフ

岡山市中心部で暮らすオジさんトレイルランナーのブログ

URBAN OUTDOOR LIFE

in OKAYAMA

UTMF用に購入したアイテムその3 【TNF / HYPERAIR GTX HOODIE 】

UTMF用に購入したアイテムその3 【TNF / HYPERAIR GTX HOODIE 】

 

レインウェア。。。

 

 

レースによって走る用のレインウェア歩く用のレインウェアを使い分けています。

 

ミドルレースや24時間以内にゴールできそうなレースは走る用のレインウェアを持っていき、100km以上のロングレースに出る時は歩く用のレインウェアを持っていきます。

 

さて、その違いは何かというと、、、

 

 

ズバリ、、、

 

 

ゴアテックス

ゴアテックス以外かだ!

(なんだか巷で流行りの名言風ですが、、、(^^;;  )

 

 

走る用のレインウェアは荷物をコンパクトにしたいがため、軽量・コンパクト重視!

歩く用のレインウェアは少々かさばっても安心のスペック重視!

 

最近は、

ゴアテックス生地を使わない優秀な防水素材のレインウェアがいろいろある!

ゴアよりもスペックは劣るが、

生地に伸縮性があり軽量・コンパクトになるものがたくさん出てきたのでありがたい。

 

 

そもそも

レインウェアで大事なのは、防水性(耐水圧)透湿性だ!

防水性(耐水圧)の目安は、

10,000mm以上あれば大雨でも十分な数値で、一般的な傘で300mmだそうな。。。

透湿性の目安は、

蒸れにくさは8,000g/m2/24h以上〜、ベトつきにくさは20,000以上〜

と言われています。

ゴアテックスは耐水性25,000mm以上、透湿性15000以上というから信頼度は高い!

逆に弱点は、

生地に伸縮性がなくごわごわしてコンパクトになりにくいことと、

お値段が高いこと(^^;;。。。(最近では少しずつ改良が進んでいるが、、、)

 

 

 

そんなゴアテックスだが、昨シーズンから目をつけていたものがある。

なんと、

柔らかく軽量・コンパクトになり、スペックも高い新素材!!

GORE-TEX SHAKEDRY

 

それがこちら

↓ ↓ ↓

f:id:racinvan-tebi:20190405114006j:image

TNF / HYPERAIR GTX HOODIE ハイパーエア GTX フーディ

トップアスリートと共にゴールドウインテック・ラボで研究を行い、独自技術でした、トレイルランニング専用の防水シェルです。素材は、防水膜のメンブレンがむき出しになった、SHAKEDRY™プロダクトテクノロジーを採用したGORE-TEX PRODUCT。表生地を無くし、メンブレンとライニングのみの2層で仕上げることで、表生地が濡れることによる「重量増加と透湿力の低下を軽減する」という新しい考えの構造です。トレイルランニングパックの上から羽織ることができる特殊パターンを採用。ベンチレーションを兼用した内部へのアクセスファスナーのみを配備した、走るための機能を追求。フードには、軽量で繊細な形状記憶機能に優れるワイヤーをツバに封入し、雨天時のフード形状をしっかりと維持します。手の甲まで覆うハンドカバー仕様。アスリートキットシリーズのユニセックスモデルです。

GORE-TEX SHAKEDRYを採用した2層構造のレインウェアである。

GORE-TEX SHAKEDRYは、耐水圧50,000mm以上、透湿性98,000g/m2・24hrs(JIS L-1099B-1法)(参考値)と驚くべき数値だ。。。)

本当に驚くべき数値!!!

表生地がなくメンブレンむき出しの構造となっているので、

仲間うちでは、

「枝に引っ掛けたら一発で破れるなぁ。。」

と、昨シーズンは耐久性が心配で手を出すことができなかった。。。

が、

破れたとの噂もなく、

今期のマイナーチェンジモデルはスレの対策もなされているらしいので購入を決意!

(10リットルザックを上から背負ってもスレの問題はないということだ。)

f:id:racinvan-tebi:20190405142131j:image

最近はザックの上から覆うスタイルを追求しているので、ちょうど良いタイミングの購入となった!

いつもロングレースで使っているRUSH UT(10リットルザック)をお店に持っていき、実際に背負いながら試着をして購入。

私の身長は163cm、体重57kgでMサイズがちょうどよかった!

f:id:racinvan-tebi:20190405142244j:image

背面に大きくマチを設けているからザックもスッポリ包み込んでくれて、

シルエットも美しい!

胸ボトルの水を飲むときは、

f:id:racinvan-tebi:20190405142330j:image

鎖骨あたりから大きく伸びたファスナーを開けると、

 

f:id:racinvan-tebi:20190405142236j:image

簡単にボトルにアクセスすることができる!


f:id:racinvan-tebi:20190405142240j:image

 

まるでキャップを被っているかのようなシルエットになるフードにもひと工夫あり。
f:id:racinvan-tebi:20190405142232j:image

ツバの部分に形状記憶のワイヤーが入っているらしく、

f:id:racinvan-tebi:20190405142326j:image

カタチが崩れない!

これなら前方からの雨も避けてくれ、前が見えやすそうだ!

 

フードの調整は後頭部のハチ上にドローコードがあり、
f:id:racinvan-tebi:20190405142322j:image
簡単にサイズ調整もできる!

 

これなら

走る用のレイン歩く用のレインを使い分ける必要がなさそうだ!

因みにザックを背負ってない時の見え方は、

f:id:racinvan-tebi:20190406101411j:image
f:id:racinvan-tebi:20190406101415j:image

f:id:racinvan-tebi:20190406101407j:image

ルーズフィットな感じにはなるが、 ダボダボ感はない。

 

少々コストはかかるが、

雨の時のストレスを軽減してくれる要素がたくさん詰まっているレインウェア!

 

これは今年の買ってよかったものランキングにも入るであろう

逸品である!!

 

これでUTMFの装備は完璧である!

あとは、、、走力だけだな。。。(^^;;

 

 

 *お読みいただきありがとうございます*

よろしければ、「いいね!」のクリックをお願いします!

↓ ↓トレランブログランキングに参加しております。*

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村