岡山的!!アーバン・アウトドアライフ

岡山市中心部で暮らすオジさんトレイルランナーのブログ

URBAN OUTDOOR LIFE

in OKAYAMA

STY 2015

STY 2015

 私が目標としている100マイルレースUTMFのコースを半周するレースSTY

f:id:racinvan-tebi:20160731160304j:plain

距離約80km、累積標高約4,600m、制限時間20時間

間違いなく今までのレースの中で最強のレースです!!(^^;)

頑張らなくては。。。

 

<今回の装備>

f:id:racinvan-tebi:20160731151642j:plain

シューズ/ALTRA ローンピーク2.5
防水ジャケット/TNF sky running hoodie
防水パンツ /TNF sky running pant
タンク/ TNF S/L stretch grid zip up
インサレーション/ TNF white running hoodie
アームバンド/ C3fit
 

f:id:racinvan-tebi:20160731151137j:plain

TNFエンデュランスベスト 7L
ハイドレーション1.5L
フラスク250ml/ハニースティンガー(ゴールド) ×10にベスパハイパー×2混入
フラスク500ml/スポーツドリンク
スポーツ羊羹×2
ベスパハイパー×2
ハニースティンガー(ジンセン)×1
*固形物はエイドで補給することにしました。
 
前日にゴール地点の河口湖付近の民宿丸富荘に泊まった。
ここの宿はヤマケン元モーニング娘。道重さゆみも泊まったという伝説の宿
f:id:racinvan-tebi:20160801184323j:image
当日は早起きして、バスでスタート地点のこどもの国へ向かうことに。
同じ宿からSTYの選手がいたので心強かった!!

 

当日はあいにくの雨模様で、おまけに霧も出ていた。

 

手際よくテーピングをしてスタートに備えるが、ちと時間が早すぎた。

緊張をほぐすように辺りを歩きまわるが、みんな速そうに見えて落ち着かない。

しかもセバスチャン・セニョーSTYに出るという!

視界が悪いなか正午12:00富士山こどもの国スタート!!

f:id:racinvan-tebi:20160731184913j:plain

健闘を誓い合った友もできました!!

「では、約束の地河口湖で(^^)/」

長い旅のはじまりです!!

 

f:id:racinvan-tebi:20160731202705j:plain

 

こどもの国をスタートしてしばらくロードを走り、

A5富士資料館までのぬかるんだトレイルですぐにシューズはビショビショになった。。

 

あーー気持ち悪い。。。

 

これは綺麗に終われるレースじゃないな!もう吹っ切れたぞ!

富士山よ!泥んこレースしっかり見届けてくれ!!」

A5富士資料館で軽く補給を済ませ、次なるステージへと踏み出します。

 

A6太郎坊までの道のりは登り基調で、踏ん張りのきかない火山灰の砂利が体力を奪う。

しかもずっと続いてる霧雨が拍車をかけるように調子を不安定にさせる。

 

この辛い時、何を考えているのだろうか?

 

いつも忘れてしまうんだよなぁ。。。

 

 f:id:racinvan-tebi:20160801184937j:image

A6太郎坊でしっかり補給して、

 

A7すばしりまでは下り基調なのでしっかり走ります。

とはいってもぬかるんだトレイルに苦戦しながら慎重に走ります。

つまづいて転倒しかけて足が攣りそうになるがまだまだ元気です!!

 

A7すばしりエイド到着。

なめこをいただいてからヘッドライトの準備をする。

次はコース変更が出たパート。ミスコースしないように慎重に進みます。

 コース変更でどうやらロード区間が長くなったせいか、ヒザの痛みが出てきた。。

歩きと走りを織り交ぜながら、ようやくA8山中湖きららに到着。

 

とても疲れた。。。

 

雨で冷えたのか、お腹の調子がおかしい。。。

しかし、燃料を補給しないとこの先をやりきることができないだろうと思い、豚汁団子をお腹に入れる。

10分ほど休憩し、トイレを済ませて出発をしようとした時、大会実行委員六花さんに会いパワーをもらった!!

f:id:racinvan-tebi:20160801150719j:image

エイドを出る花道にボランティアをしているTNFKちゃんも駆けつけてくれてハイタッチ!!またもや元気をもらった!!

長く寂しい夜を越えなければいけない時に気持ちが軽くなった。。

 ありがとう!!

レースも半分を過ぎ、フレッシュな気持ちでA9二十曲峠を登ります。

相変わらず小雨が続く。。。

A9二十曲峠に続いてこのコースの一番の難所杓子山まで一気に登ります。

 

途中、青ゼッケンUTMFランナーをみるたびに声をかけるも元気に応えてくれる!

彼らは本当に強い心を持っている。その姿は神のように見える!!

 

周りのランナーに励まし励まされ、三点支持のテクニカルな杓子山の登りもやっとクリアして山頂に到達!!

f:id:racinvan-tebi:20160801165254j:image

杓子の鐘を鳴らして下りパートに挑みます。

鐘の音は疲れていても同じ音色で響いてくれる!

 

傾斜に身を任せ足にかかる負担を最小限にして下っていく!

もうヒザふくらはぎはいっぱいいっぱいだ。。。

しかも下りの上下動極度の疲労がおかしくなっていく。。

 

やっとの思いで最終エイドA10富士小学校に到着。

この時のコンディションは最悪。。

眠い。。気持ち悪い。。吐きそうなのに空腹お腹が痛い。。

もう訳が解らない。。。

名物吉田うどんを口にしてみるも吐きそうになり喉を通過しない。

ダメだ!もうダメだ!

ネガティブが頭を支配する。。

やめたい!帰りたい!

あともう少しなのにリタイアしたくてしょうがない。。

情けない。。。

どうやってもこの状況が回復しない。

幸いにも時間には余裕があった。

「そうだ!少し仮眠をとろう!!

残り12kmでひと山越えるだけだ!!通常なら3時間もあれば行けるだろう!」

20時間制限時間のなかで逆算すると2時間ロスしても大丈夫なはずだ。

ドロドロのシューズを脱ぎ、パックを枕にして、

iPhoneのタイマーを1時間後に設定して、泥のように寝た。

 

これが正解だった。

 

目を覚ますとすべてのネガティブな気持ちは消えていた!

パックを背負い、シューズを履き、軽くストレッチをして最終エイドを出た!

 

もうゴールしかないぞ!!

 

暗闇から薄明るく変化していく時に感じる生命力に勇気をもらい、走っていく!!

 

さっきまでの私とは全く別人だ!!

足は痛んでいるが気持ちに勝ててる!!

 

ひと山越えると河口湖が見えた!!言葉にならない感動をかみしめる。

 f:id:racinvan-tebi:20160801165138j:image

 香港から参加のランナーと感動を分かち合う。

 

 湖畔を通ってゴールまであと3km

長いようで短かったレースの断片が頭の中をぐるぐる回り、感動の涙がこみ上げてくる。。

 

 f:id:racinvan-tebi:20160801184438j:image

無事に完走!!

STY18時間39分の旅。


いろんな事を考えた。

 

リタイアする言い訳とか今まで練習に付き合ってくれた人達のこと、どうすれば今の状況を乗り越えられるか、、、などなど。


そんなの同じ苦しい状況で頑張ってる他のランナーの姿を見たり励まし合ったりすると不思議と頑張れた!


これでもかと続く登り道、更に三点支持じゃないと登れない急登、体力・筋力・精神力ギリギリなのに次々と押し寄てくる試練


それでも乗り越える方法はある事を今回のレースで学んだ。


2年前、不摂生な私に走るキッカケを与えてくれた憧れのUTMF/STYレース。

完走できて本当に嬉しい!

目指すはロングコースのUTMFだ!!

 

そのためには、もうひと回り成長しなければ、、、(^^)

 

〜勇者の証し赤いフィニッシャー・ベスト着て〜

f:id:racinvan-tebi:20160801165538j:image

 ひとつだけ残念だったのは、
一度も富士山を拝むことができなかったこと。。。
 
その楽しみは、UTMFにとっておこう(^^)
 
 
 

 最後によろしければポチっとお願いします!

↓ ↓ 

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村